コンシダーマルのスキンライズローションは、世界初の技術を生み出した皮膚臨床薬理研究所との共同開発で生まれたオールインワンの美容液です。

 

化粧品を皮膚と同じラメラ構造に仕上げ、角質の奥深くまで保湿成分を届けることに成功したことで話題になっています。

 

日本化粧品検定協会の代表理事である小西さやかさんもオススメというのも気になりますね。

 

 

そんなコンシダーマルは、旧製品がアットコスメで4.8という高評価を得ていましたが、2017年にマリンプラセンタ、発酵プラセンタ、EGFなどの新成分を配合しリニューアルしました。

 

従来品はしっとりとさっぱりの2タイプあったものが1本に統一され「使用感が良くなった」と早くも評判です。

 

2017年の3~4月は予想を上回る売れ行きで一時在庫切れになったそうなんです!

 

買う前に必ずチェック!

定期コース&解約について知りたいならこちら!
>>CLICK
<<

 

 ▼リニューアルしたコンシダーマルはコチラ▼

▼公式サイトはコチラ▼

コンシダーマル

コンシダーマルに期待できる効果とは?

そんなコンシダーマルですが、どのような効果が期待できるのでしょうか?

 

コンシダーマルの効果を一緒に確認していきましょう!

 

効果としては、乾燥の予防効果や、毛穴、くすみ、たるみなどエイジングによる肌悩みに効果があるんだということが分かりますね。

 

コンシダーマルには実際どのような効果があるの?即効性はある?

しかし、実際にどのような効果があるのか気になりますよね。

 

コンシダーマルには、どんな成分が入っていてどのような効果があるのかを見ていきましょう。

 

コンシダーマルのシミ効果の口コミ

ここではコンシダーマルのシミへの効果を口コミから見ていきます。

 

そうとはいえ、シミへの効果は書いていなかったはず。

 

それなのに口コミには「シミに効果があった」という人がいるんです。

 

理由として考えられるのは、ノーベル賞を受賞した成分のEGF(上皮細胞増殖因子)です。

 

EGFはタンパク室で、細胞を再生する力がありアンチエイジング効果がある成分として知られておりシミを始めとするエイジングのサインに効果があったのではないかと考えられます。

 

すぎちゃんさん 29歳

 

 

 

 

使い始めてから1ヶ月を過ぎた辺りから、シミが薄くなり始めました。

このまま続けていけばもっと薄くなりそうな気がします。

 

もりりんさん 40歳

友人から、シミに効果があったと聞き使い始めました。確かに少し薄くなったような…。

これ1本でスキンケアが済んでしまうので便利です。

 

みねっちさん 35歳

30歳を過ぎてから、一気に増えてしまった目の周りのシミ。

日に日に増えていくことに焦りを感じていました。

コンシダーマルを使い始めて3ヶ月で新しいシミが出来にくくなりました。

 

ようこさん 31歳

正直、公式サイトの口コミを信用できずにいましたが口元とホクロの間にあったシミが薄くなってきた気がします。

 

コンシダーマルの悪い口コミ

シミへの効果に関する良い口コミに続いて、悪い口コミを見てみましょう。

 

悪い口コミは本当にごくわずかでした。

とくさん 52歳

 

 

 

 

 

これだけではやや乾燥が気になるので、目元にはアイクリームを使用しています。

乾燥肌の人には潤いが足りないかもしれません。

 

ふうこさん 46歳

 

 

 

 

 

最初は適量が分からなくて、付け過ぎてしまったようでやや使用感が重たい感じがありました。

 

コンシダーマル口コミまとめ

口コミを見てもらうと分かるように、口コミを疑っていた人にもシミが薄くなったという効果があるんですね!

 

一方、悪い口コミを見てみると保湿力に関してやや気になるという声があるので乾燥が気になるという日には、コンシダーマルの重ね塗りやその他の部分使いのアイテムも使ってみてください。

 

適量に関しては3〜4プッシュ程度なので、付け過ぎてしまったら首元などにも伸ばしてしまえば、重くてベトつく感じも気になりませんよ。

 

コンシダーマルの乾燥効果について

 

年齢とともに乾燥が気になるようになる理由は、NMFが減少してしまうからです。

 

NMFというのは、肌の角質細胞内にある水分を保持する効果がある天然保湿因子のことで、アミノ酸やミネラル、乳酸やクエン酸、尿素、ペプチドなどから構成されるものです。

 

コンシダーマルには、肌の潤いや水分量のバランスを保持するスクワラン、エラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどの成分が配合されています。

 

こういった成分がNMFの働きを補うため乾燥が気にならなくなるのです。

 

>>乾燥についての効果をもっと詳しく知りたいならこちら

 

コンシダーマルの毛穴効果について

乾燥は皮脂の過剰分泌を促し、皮脂の毛穴詰まりの原因になります。

 

コンシダーマルが毛穴に効果があるのは、乾燥により乱れたターンオーバーを正常化する保湿成分に加え、プラセンタなどのターンオーバーに働きかける成分が入っているからです。

 

>>毛穴についての効果をもっと詳しく知りたいならこちら

 

コンシダーマルくすみ効果について

乾燥によりターンオーバーが乱れると古い角質がはがれ落ちにくくなり、くすみの原因になります。

 

コンシダーマルは、従来の製品と比べて美容成分が200%もUPして、くすみへの効果も高くなりました。

 

 

コンシダーマルたるみ効果について

肌の弾力に関わるのは、肌の土台である真皮細胞です。

 

真皮細胞にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分を補うことで肌の弾力が蘇りたるみにくい肌になります。

 

では、こういった効果が出てくるまでにどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

コンシダーマルの効果は、乾燥は比較的早い段階で効果が出ていますが、それ以外の効果は1ヶ月以上経ってからで始めるという人が多いようなので即効性がなくても使い続けていくことが大事と言えるでしょう。

 

>>たるみについての効果をもっと詳しく知りたいならこちら

 

 

毎日使うものだから気になるコンシダーマルの配合成分は?安全なの?

 

このように、コンシダーマルは年齢肌の悩みに効果がある製品だということをお分かりいただけたと思いますが、毎日使うものだからこそコンシダーマルが安全な配合成分でできているのかは気になりますよね。

 

と言う事でここでは、コンシダーマルの成分の安全性について順番に安全なのか見ていくことにしましょう!

 

BG:多価アルコール類で保水性や吸水性の高い安全な成分です。

 

グリセリン:保湿成分で毒性が低く、化粧品として使用する上で全く問題はありません。

 

シクロヘキサシロキサン:シリコンの一種でエモリエント効果がある成分で、安全な成分です。

 

ベタイン:植物から抽出されるアミノ酸系の保湿成分で、安全な成分です。

 

DPG:植物から作られる保湿成分ですが、とうもろこしやりんごにアレルギーがある人は注意が必要です。

 

トレハロース:キノコなどに含まれる糖質で低刺激かつ安全な成分です。

 

ステアリン酸グリセリル(SE):合成界面活性剤で品質安定のために用いられる安全な成分です。

 

プラセンタエキス:哺乳類の胎盤で成分のチェックをしっかりと行っているため感染症の心配などはない安全な成分です。中にはアレルギーを起こす人もいます。

 

サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液:保湿成分で、安全な成分です。

 

ヒトオリゴペプチド-1(EGF):アメリカのスタンレー・コーエン博士により1962年に発見された上皮細胞の増殖を促進する成分で皮膚の再生能力が高まります。毒性や刺激などがない安全な成分です。

 

セラミドNG、セラミドNP:肌の水分を保持し、有害物質の進入を防ぐバリア機能を備える安全な成分です。

 

スクワラン:保湿効果がある安全な成分です。

 

加水分解エラスチン:もともと皮膚に存在する安全な成分です。

 

ヒアルロン酸Na:保湿効果がある安全な成分です

 

水溶性コラーゲン:保湿効果がある安全な成分です

 

アルギニン:アミノ酸の一種で、コラーゲンの状態を改善する安全な成分です。

 

アスパラギン酸:アスパラガスから発生した非必須アミノ酸で安全な成分です。

 

PCA:天然の保湿成分で低刺激かつ安全な成分です。

 

グリシン:保湿効果に優れたアミノ酸で安全な成分です。

 

アラニン:アミノ酸で安全な成分です。

 

セリン:アミノ酸で安全な成分です。

 

バリン:アミノ酸で安全な成分です。

 

プロリン:天然保湿因子に含まれるアミノ酸で安全な成分です。

 

トレオニン:必須アミノ酸で安全な成分です。

 

イソロイシン:必須アミノ酸で安全な成分です。

 

ヒスチジン:必須アミノ酸で安全な成分です。

 

フェニルアラニン:必須アミノ酸で安全な成分です。

 

PCA-Na:アミノ酸で安全な成分です。

 

乳酸Na:保湿成分で安全な成分です。

 

クエン酸:酸化防止効果や収れん効果がある安全な成分です。

 

塩化Mg:安全なミネラル成分です。

 

塩化Ca:肌のターンオーバーに働きかけるミネラルで安全な成分です。

 

シア脂(シアバター):肌に優しい安全な油脂です。

 

ホホバ種子油:肌に優しい安全なオイルです。

 

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル:ベビーオイルにも使われるエモリエント剤で安全な成分です。

 

ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル):保湿、保護効果のある安全な成分です。

 

ベヘン酸:菜種油を原料とした成分で品質を安定化する安全な成分です。

 

ラウロイルサルコシンイソプロピル:人によってアレルギーが出る可能性があります。

 

ステアリルアルコール:皮膚を保護する安全な成分です。

 

エチルヘキシルグリセリン:保湿効果がある安全な成分です。

 

フェノキシエタノール:防腐剤でやや刺激がある成分です。

 

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー:被膜性がある合成ポリマーですが、安全な成分です。

 

PPG-6デシルテトラデセス-30:乳化作用がある安全な非イオン性界面活性剤です。

 

メタリン酸Na:安全な酸化防止剤です。

 

シクロペンタシロキサン:シリコンで肌に残りやすく、やや皮膚刺激があるので敏感肌の人は注意しましょう。

 

トコフェロール:天然のビタミンEで活性酸素を除去する働きがある安全な成分です。

 

ステアロイルグルタミン酸2Na:コスメを作る上で必要な合成界面活性剤で、安全な成分です。

 

ビサボロール:カモミールの精油に含まれる安全な美白成分です。

 

ポリ-ε-リシン:安全な防腐剤です。

 

マンニトール:糖アルコールの一種で、保湿効果がある安全な成分です。

 

このように、安全な成分で構成されているコンシダーマルですが「コンシダーマル 副作用」などと調べると気になるサイトが色々出てくるではありませんか!!

 

コンシダーマルの購入を考えている人にして見れば不安になってしまいますよね。。。

 

でも安心してください!!

 

コンシダーマルには副作用が無いと言うことが調べていくうちに分かりましたよ。

 

それではここからコンシダーマルの副作用について確認していきましょう。

 

コンシダーマルの副作用について

 

コンシダーマルの副作用について書かれたサイトタイトルとは裏腹に、実際にサイトを見てみても「副作用の心配はない」と書いてあるところがほとんどでした。

 

コンシダーマルは、皮膚臨床薬理研究所という大手の化粧品メーカーと共同開発しており研究者たちは第一線で活躍するプロ集団です。

 

  • 無香料
  • 無鉱物油
  • 無着色
  • パラベンフリー
  • アルコールフリー

 

と肌に刺激になる成分や副作用が起こりそうな成分は使っていないので、お肌が弱い方や、副作用を心配されている方でも安心してお使いいただけます。

 ▼安全成分のコンシダーマルはコチラ▼

▼公式サイトはコチラ▼

コンシダーマル

 

 

コンシダーマルの使い方

それでは、コンシダーマルの使い方を見ていきましょう。

 

オールインワンタイプのコンシダーマルは、洗顔後にこれ1本でケアが完了します。

 

朝・夜のスキンケアにお使いください。手順がたったの2ステップとお手軽です。

 

①洗顔後の清潔な状態の手に3〜4プッシュ取る。

②手のひらで浸透させて馴染ませていく。手のひらが温かい状態の時に使用するとより効果的です。

 

 

コンシダーマルはこんな人におすすめ、向いてないのはこんな人!

このように、オールインワンで時短ケアが可能なコンシダーマルですが、どんな人に向いているのでしょうか?向いている人の特徴をまとめてみました。

 

コンシダーマルが向いている人

コンシダーマルが向いているのは、化粧品の成分をこだわって選びたいという人や肌悩みが原因で見た目年齢が上がってしまっている人や忙しい中でもケアをしっかりしていけるオールインワンの化粧品を探している人にオススメです。

 

  • 化粧品は成分が大事だと思っている
  • お肌に潤いがなくなってきた方
  • 最近なんだか老けて見えると感じた方
  • いろんな肌悩みに振り回されている方
  • 朝も夜もお手入れする時間のない方
  • 自分似合ったオールインワンの化粧品を探している
  • 低刺激な化粧品を探している

 

では、反対に向いていないのはどんな人でしょうか?

 

コンシダーマルが向いていない人

コンシダーマルは、乾燥肌がひどいという人が使うと使用感が物足りなく乾燥が気になるという声があります。

 

その他にも保湿アイテムを使わないといけないのでアレコレ揃える予算に余裕がないという人にはあまりオススメできません。

 

  • 乾燥肌が特にひどい人

 

コンシダーマルの最安値情報

それでは最後に、コンシダーマルの最安値の情報をお伝えします。

 

比較したのはamazon・楽天・yahoo・公式サイトです。

 

残念ながらコンシダーマルにはお試しやトライアルセットはないので、現品を購入しなければなりません。

 

取り扱いがあったのは、楽天とyahooですが、コンシダーマルのオフィシャルショップではありません。

 

どちらも6,140円(税込)に送料と公式サイトのコンシダーマルショップと比べて高いことが分かりました。

 

最安値は、公式サイトの定期購入のプレミアムプランの初回の2,268円(税込)です。

 

通常価格よりも54%OFFと大変お得なので、3回以上続けられそうだと思った人はこちらのコースをオススメします。

 

解約は4回目からと決まっています。

 

そういったものが煩わしいという人は、スタンダードプランの定期ならいつでも解約できる上に通常購入よりもお得です。

 

コンシダーマルamazon価格

取り扱いなし

 

コンシダーマル楽天価格

6,140円(税込)+送料

 

コンシダーマルyahoo価格

6,140円(税込)+送料

 

コンシダーマル公式サイト価格

通常価格 4,980円(税込)+送料600円

定期便 送料無料

スタンダード:初回3,456円(税込)30%OFF

 

2回目以降 4,309円(税込)13%OFF

継続条件 なし

プレミアム:初回 2,268円(税込)54%OFF

2回目以降  4,082円(税込)18%OFF

継続条件 3回以上

特典 90日間返金保証

 

まとめ

このように、コンシダーマルは潤い成分と浸透力を追求した次世代型のオールインワンであることから、年齢肌の様々な悩みに効果が期待出来ることが分かりました。

 

定期便のスタンダードプランとプレムアムプランの違いは、継続条件があるかないかと、返金保証が付いているか、付いていないかです。

 

ぜひご自身に合ったプランでコンシダーマルを試してみてはいかがでしょうか?

 

 ▼コンシダーマル最安値はコチラ▼

▼公式サイトはコチラ▼ 毛穴訴求LP